骨盤矯正・下半身の冷え・尿漏れ・ダイエットに効く!

継続できる!痛くないセルフケア自己整体

産後女性に多い骨盤の開き、股関節の痛み・・・

 

また不妊症の女性に多いのも下半身の血流が悪く、骨盤の歪みから子宮が冷えている状態の方が多くいらっしゃいます。

 

とくにお仕事をされている方はデスクワーク、ヒールを履くなど姿勢も関係しますが、日々の生活の中で少しづつ歪み、歪まない状態をキープし続けるというのはなかなか難しいことですよね?

 

 

タイに代々伝わる代替医療・「ルーシーダットン」(タイ式ヨガ)といわれるものは、自分で自分を整体するセルフケアとして優れています。

 

また、独特の呼吸法が特徴的で、足・腰、股関節を動かす動作が多いのが特徴です。

 

実は女性の婦人科系にも良い効果がたくさんあり、筋肉が少ない女性、運動不足気味の方や高齢者にもとりいれやすく、骨盤底筋を鍛えられるのです。

 

 

 

タイ式ヨガは「骨盤底筋トレーニング」・「膣トレ」にオススメ!

タイ式の特徴的なポーズをご紹介しましょう。

 

膣トレ・骨盤を締めるのに有効な「シコのポーズ」

 

足を肩幅よりも少し広めに開き、手は中心で棒を持つように握り、そのまま低姿勢でスクワット、息を吸いながらダウン、深く息を吐きながらゆっくりと戻ってきます。これを3回繰り返します。

 

 

Chaaihaatのレッスンでは、ルーシーダットンに加えてヨガをアレンジし、「膣」を意識してもらうよう、膣トレを組み合わせて入れるようにしています。

 

 

内腿の筋肉も鍛えられ、アンチエイジング、ヒップアップにも最適なのです。

 

 

 

いざ実績しようと思っても、何から始めればよいのかわからない「骨盤底筋トレーニング」。

 

 

雑巾掛けやスクワットなど日常で心がけられること、また骨盤底を鍛える運動を是非ともとりいれていただきたいと思います!